ドラゴンクエストモンスターズ1・2の中毒性がヤバイ

私が十数年前からずっと欲しかったゲームがあります。それがドラゴンクエストモンスターズ1・2です。ゲームボーイで出ていた1と2を一緒にした、プレイステーションのソフトなのですが、私はゲームボーイで1にも2にもはまっていました。今1と2は3DSで発売中なのですが、私は3DSを持っておらず、かつ3DS版はシステムが昔と少し異なっているのです。私は古いシステムのほうが好きなので、このプレイステーション版が欲しかったのです。

そして先日、ついに入手して、早速プレイしました。懐かしい記憶が蘇ると共に、プレイステーションで綺麗になったグラフィック、壮大になったBGMに酔いしれていました。このゲームは正直言って単純作業の繰り返しです。モンスターを仲間にして、配合を繰り返して強くしていきますが、配合するたびにレベルは1からやり直しです。配合し、レベルあげて強くして、大会に勝って、新しいダンジョンに望んでの繰り返しなのです。

この配合とレベル上げという作業のなんと楽しい事か。ただそれだけで、数時間はぶっ続けでプレイ出来るほどのめり込めるのです。むしろ私はこれが、このゲームのメインだと思っています。ストーリーはあってないようなもので、ただひたすら自分の好みのモンスターを育て上げる、それを楽しむゲームなのです。

ただ、レアなモンスターを手に入れるには、それなりの苦労や特殊な配合が必要になるので、またレベルも上げづらくなっているので、長い間楽しめるようになっています。