意外と良作、ファミコンなのに今でも遊べるすごろく式RPGすごろクエスト

くにおくんシリーズで有名なテクノスジャパンが作った1991年生まれのRPG
今までにない特徴としてすごろくを用いたゲーム内容になっていき、マップの最後にいるボスを倒すことでゲームクリアとなる。

登場キャラクターが全部で4種類なのですが、名前を決められることが出来ないのでちょっと感情移入がしにくいのが気になりました。マップごとに使えるキャラを選べるので好きな見た目のキャラがいればずっと使えますし、色々なキャラを触れてみる事もできます。

ゲーム自体の出来は、ファミコンのRPGにしてはかなりよく出来ています。出てくるキャラクターもノリがよく、意外とテンポ遊べるように良く出来ています。

サイコロを使ってゲームを進めていくので正直な所、運にかなり左右されます。
1なんか出た時はがっくり来てしまうことです。

戦闘に関してもう少し、調整してくれれば運ゲー要素が強いゲームに戦略が生まれたかと思います。ファンタジーの設定だったのですが、物理攻撃が強く、魔法を使うとMPが底をつきやすく状態でした。
育てくると、問題はなくなってくるのですが、それでも物理さえ強化すればなんとかなってしまうのが惜しいです。

またゲームの最後のラスボスに遭遇すると、使用しているキャラがさらわれてしまうんです。ラストなのでしっかりと構えていた所に、お気に入りのキャラがさらわれる。さらわれてしまったらもうそのキャラを使ってクリアすることができなくなり、残りの3キャラ中から選んでクリアすることになります。

ただお金さえあれば、どうにかなるのでプレイする時は最低2人決めて育てていくことで、遊ぶことをお勧めします。
名前が決められないのはエンディングなんとなく腑に落ちます。